10.12.19

小松亮太スペジャルタンゴトリオ

土曜日秦野で小松亮太スペジャルタンゴトリオコンサートでした。皆さん本当にありがとうございました!!来年もこのトリオでコンサートがあるのでこれから楽しみにしています。

6.12.19

明日小松亮太スペシャルトリオ

12月7日(土)
タウンニュースホール(小田急線 東海大学前駅南口 徒歩1分)小松亮太(バンドネオン)、レオナルド・ブラーボ(ギター)、田中伸司(コントラバス)
10月13日よりタウンニュースビル2F特設会場にて窓口先行販売開始。(窓口購入の場合は席を選択できます)

4.12.19

喜多直毅&レオナルド・ブラーボリサイタル

12月15日(日)、雑司ヶ谷タンゴバー エル・チョクロにて鬼才のタンゴヴァイオリニスト喜多直毅さんとタンゴ二重奏を行います。
このコンサートは今年2月に同会場で行いましたリサイタルの再演のご要望(有難うございます!)により企画しました。内容は: Los mareados 、Caminito 、Revirado 、Alfonsina y El Mar 、Histoire de Tango ほか。寒い12月、タンゴで体の中から温まってください!

29.10.19

弦楽器フェアー2019

今週の金曜日11月1日2時から現打楽器フェアーで演奏します。7ギターを弾きます。とても楽しみにしています。時間何があったら聴きにきてください。

福岡レッスンの日

昨日の福岡市ティエンポイベロアメリカーノラテン文化センターでの1日のギターレッスンでした。また12月に行くように頑張ります。皆さん次のレッスンまでに頑張ってください。

Ayerdia completo de lecciones de guitarra en la ciudad de Fukuoka. En  Tiempo Iberoamericano.  Centro de Cultura Latina.  La próxima clase creo sera en Diciembre. A estudiar que no queda mucho!!

24.10.19

アウラサロンコンサート 26日(土)

10月26日にギターショップアウラで”アウラサロンコンサート”を行います。 いろんな素晴らしい楽器を使って演奏します。

備 考:2,000円 限定25席
チケットは、アウラオンラインショップにてお取り扱い中です。










<PROGRAM:第1部>
5つの前奏曲
5preludios[Villa Lobos]
南米組曲
Serie Americana[Héctor Ayala]
Preludio- Choro- Takirari-Guarania-Tonada-Vals- Gato y Malambo

<第2部>
ブエノスアイレスの四季より
Ccuatro estaciones Porteñas[A.Piazzolla]
冬 Invierno Porteño
秋 Verano Porteño
本当かい?
Seras verdad ? [Q.Sinesi]
終わりなきダンス

Danza sin Fin [Q. Sinesi]

Peña de tango Ponja


火曜日、銀座のタンゴスタジオ”Tango Sol”で Peña de Tango Ponja"がありました。一部でアルゼンチンサンバのレクチャーをして、音楽のこと、歴史のことの話ししました。休憩でアルゼンチン料理、(empanada,マテ茶、alfajor,などを食べました。二部で11人選んだタンゴを私は伴奏をして、みんなさん歌いました。 来ていただいたのみなさん本当にありがとございました。また1月にまたやりますので、またおしらせします!!

El Martes pasado participe en un nuevo evento llamado "Peña de Tango Ponja"  hable de la zamba Argentina, sobre la musica, la forma y su historia. En el intermedio hubo empanadas, alfajores y mate como corresponde. En la segunda parte los participantes que habían elegido cada uno un Tango, cantaron con el acompañamiento de guitarra.  Muy lindo momento. Lo volveremos a realizar en Enero.



4.10.19

コンサート&マスタークラス ミューズ音楽館名古屋10月12日13日

10月12日、13日、名古屋のミューズ音楽館でギターソロのサロンコンサートと、マスタークラスを行います。プログラムは:1部はヴィラ=ロボスの5つのプレリュードと、ギンガ、バリオス、ピアソラの作品です。2部はエドアルド・ファルーのアルゼンチン組曲、日本の民謡、キケ・シネシの作品を演奏します。

今回は私の大好きな日本の民謡の中から”竹田の子守唄”というとても美しい曲を演奏します。以前から日本の民謡を演奏したいと思っていましたが、その曲の持っている”魂”を、ギターで表現するための編曲は思いのほか難しく、やっとの思いで書き上げました。みなさんに喜んでもらえる物である事を祈っています。
2部にはもう一つ、新しい編曲の作品を演奏します。最近出版されましたキケ・シネシさんの作品集の中からいくつか演奏します。

翌日13日はマスタークラスです。まだ1〜2コマあるそうですのでご予約お待ちしております。

http://www.muse-ongakukan.com/saloon/saloon_info

3.10.19

Alpes Guitar Lesson. アルプスギターレッスン レポート

29日(日曜日)、長野県安曇野で、ギターマスタークラスを行いました。
森の中のログハウスで、朝から夜までのレッスンをはさんで、おいしい料理、自家製のさまざまなスイーツ、淹れたての珈琲を楽しみながらギターや音楽の話に花を咲かせました。ギタリストの伊藤正己さんが朝早くから近くの川でイワナを釣って持って来てくれたので、棒に刺して焼いて、みんなで食べました!!美味しかったです!!

今回受講されたのは9人で、中には名古屋から3時間かけて来てくれた方もいました。来てくださった皆さん、ありがとうございます。レッスンは役に立てば嬉しいです。


次は12月1日です。素晴らしい環境でのギター練習は幸せ時間になります。(このログハウスは宿泊もできます!)お勧めします! 

On Sunday 29th in Azumino, Nagano prefecture, Japan Took place the guitar masterclass was organized by luthier Jun Nakano. This number attended students from different places, from Nagano and even from Nagoya city. We had classes from morning to night, but we could also enjoy a good homemade meal, various sweets, and excellent coffee. Besides, of course, a pleasant talk about the guitar, music. Next time is decided on December 1st. A real pleasure to study guitar in such a good atmosphere.














1.10.19

「エスティロ」の話

「エスティロ」は、アルゼンチンの音楽ジャンルです。クリオーショ(ヨーロッパ人の子孫でラテンアメリカで生まれた人)がギターで演奏しました。歌詞があるものもありますが、メインは器楽でした。Estiloは、ラテンアメリカの民俗ジャンルの多くと同じように、音楽と文学構造におけるスペイン音楽にそのルーツを持っています。 このジャンルは衰退していき、今日ではほとんど演奏されていません。

エドアルド・ファルーは彼の組曲アルゼンチン組曲にエスティロを入れました。今日は3月のコンサートでも弾いたエドアルド・ファルーの「エスティロ」を紹介したいです。楽しんでも会えたら嬉しいです。

El Estilo es un genero musical Argentina que el Criollo tocaba con su guitarra. A veces con letras y en su mayoría instrumentes. El Estilo como mucho de los géneros folklóricos latinoamericanos tienes sus raíces en la musica Española en musica y en estructura literaria.  Este genero fue decayendo en interés y hoy casi esta extinto.

Eduardo Falu en su Suite Argentina agrego como uno de sus movimientos un muy delicado Estilo. Quisiera hoy presentarles este genero con una version de un concierto de este año. 

17.9.19

新しいビデオ

先週、Partitaというギターショップ&スタジオでビデオを録音しました。楽しんでもらったら嬉しいです!

Quique Sinesiの Cielo abiertoです。

9.8.19

Cielo abierto ~ 8 つのギターソロ作品集~ レオナルド・ブラーボ編

やっとできました!!!

今日新しい本が届きました。.キケ・シネーシさんのギターソロのための作品集です。
タイトル: Cielo abierto ~ 8 つのギターソロ作品集~ レオナルド・ブラーボ編

この作品集の出版を思い立ったのは、彼の最も有名な曲の 1 つである〈澄み切った空〉の再版がきっかけでした。キケさん と彼の豊富な作品を知り、また多くの音楽家がその譜面を欲し がっていることに気づいて、様々な時期の作品を入れた楽譜を 出版する絶好のチャンスだと思いました。私の任務は、録音や手書き 譜から採譜し、オリジナルでは7弦ギターのために書かれた楽 譜を普通のギター用に編曲し、運指を付けることでした。
この作品集全部を私のレパートリーに入れたいと思っています。特別にこの本には Cielo abierto 澄み切った空のオリジナルバーションが入っています。

シネーシさんの思いがたくさんの人の心に届けば嬉しいです。

https://www.gendaiguitar.com/index.php?main_page=product_info&products_id=142858

2.8.19

アンデスの楽器とのライブ 明日!!

8月3日に雑司が谷の El Chocloでライブを行います。今回はCharangoチャランゴというアンデスの楽器とのライブです。
このライブ、元々はDiego Jascalevichさんとの予定だったのですが、彼が日本に来る事ができなくなりました。しかしどうしてもこのライブを実現させたかったので、素晴らしいチャランゴ奏者のFukuda Daijiさんに弾いて頂けるようお願いしました。このライブにはタンゴも入れますが、アルゼンチンとボリビアのフォルクローレの方が多いかな?なかなかフォルクローレを一緒にする人がいないので、今回とても楽しみにしています。
プログラムは Grito Santiagueño, Viva Jujuy, Zamba del Lozano, Flores negras, Libertango, La cuartelera, etc

8月3日(土)2時open 3時start
チケット:3500円 、学生2000円
予約: tel 03 6912 5539 email: info@el-choclo.com

25.6.19

6月30日に アコスタディオ(原宿)で近藤久美子さんとタンゴ二重奏のコンサート

今度の日曜日、6月30日に アコスタディオ(原宿)で近藤久美子さんとタンゴ二重奏のコンサートを行います。
先週はこのduoの初めてのCDを録音をしてきました。来年リリースの予定です。

このコンサートのプログラムは新しいタンゴと古典タンゴが混ざりあったプログラムで、新しい編曲も入れました。
中でも特別にRevirado と Escualoの2曲が好きです。



Reviradoの意味はちょっと変わった人、怒ってる人、気難しい人というかんじです。おそらくピアソラの性格を表したのではないかと思います。ピアソラは ユーモアのある面白い人でしたが、怒ったときにはとてもとても大変だったみたいです。とてもエネルギーに満ちていますが、ゆっくりのテンポの部分もあり、ピアソラの作品の特徴である静と動がこの曲にもみられます。メロディとハーモニー が複雑ですが見事に合わさってとても良い曲だと思います。

Escualoはピアソラの作品の中でとても有名な曲です。オリジナルはキンテットのための曲ですが、ヴァイオリンとギター のために編曲をしました。

一つエピソードがあります。ピアソラがとても忙しい時に、奥さんが彼の健康のことを心配して、「趣味を見つけて少しやすんだほうがいい」とピアソラに言いました。そこでピアソラは魚釣りをやろうと考えましたがそこはピアソラ、小さい魚釣りでは嫌です。サメ釣りをやることにしました。
サメ釣りをするうちにサメの性格を大好きになったようです。ある時苦労して強いサメを釣り上げた後、家に帰ってサメ(Escualo)という曲を書きました。この曲です。この曲はサメとピアソラの駆け引きが音楽で表現されています。またこの曲はピアソラのキンテットのヴァイオリン奏者 Fernando Surez Pazに捧げています。ピアソラはPazさんの家に遊びに行った時にそのサメの頭の骨を持って行きました。その骨はその時まだ小さかったPazさんの息子にプレゼントしています。息子はヴァイオリンを勉強していましたので、その骨には“Leonardo(息子)練習しないとサメに食べられちゃうよ。ピアソラより”と書かれているそうです。

本当に素晴らしい曲なので、近藤さんも食べられないように頑張ってると思います。(笑)

30日はまだ席がありますので、”サメ”他、ヴァイオリン&ギターのタンゴを聴きに来て下さい!

20.5.19

6月30日(日)Tango ヴァイオリン×ギター二重奏

6月30日(日)
Tango ヴァイオリン×ギター二重奏 @アコスタディオ。
原宿駅竹下口から徒歩5分、木肌の響きの良い空間です。

今回は新しい作品も演奏する予定です。何を弾くかは当日のお楽しみ。
チケット購入はチケットペイとなっております。
以下のURLからお願い致します。
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=21425

なおこのお知らせを見た方に限り、6月10日までのご予約は500円の早割がありますので私に直接、またはaotabou3@gmail.com (青田)までご連絡ください。※チケットペイの方は早割がありませんのでお間違えのないようお願い致します。